【PBA】---元プロ野球選手による小中学生への個人指導を行う野球塾です。
PBA(Professional Baseball Academy) ニュース ごあいさつ アカデミー概要 アドバイザー紹介 練習方法 メディア掲載情報 ご入会フォーム お問い合せ
アドバイザー紹介


アドバイザー紹介

PBA名誉顧問 古葉竹識
1936年4月22日熊本県生(済々黌高−専修大中退−日鉄二瀬-広島−南海)
'58年広島東洋カープ入団、遊撃手として活躍。実働14年間の成績は1369安打/44本塁打/334打点/打率2割5分2厘/263盗塁/'64年・'68年盗塁王/オールスター3回出場。
'75年広島監督に就任、初優勝を達成する。以後11年間で4回優勝、3度の日本一に輝き、黄金時代を築いた。'99年殿堂入り。
(社)少年軟式野球国際交流協会理事長
全日本大学軟式野球連盟会長
プロ野球マスターズリーグ札幌アンビシャス監督

野球って素晴らしい

 赤バットの“川上哲治”さんに憧れ、輝いた「熊本と野球」。
人気もワールドカップサッカーの熱狂サポーターの勢いに押され気味の昨今である。

 併し“熱闘甲子園”での高校球児たちの溌剌プレー、海の向こうでの日本人大リーガーたちの活躍は天晴れである。また、セ・パリーグ交流試合、プロ野球への育成が目的の四国リーグ、冬期は懐かしさ一杯、未だ元気衰えずのマスターズリーグ(OB)の真剣プレーは好評を得ている。

 PBA熊本の大きな目標は、スポーツを愛し、野球道の精神を子どもたちに伝え、明るい社会を築くことである。今迄“球道一筋”であった私も微力ながら支援、協力してゆきたいと思っている。

“野球界に栄光あれ”

                         

名誉顧問 古葉竹識


   
松永浩美 松永浩美

青少年野球の指導において大切なのは、
『基本をしっかりと学ぶ事 』『野球が上達するための考え方 』『選手の考え方や意見を尊重する事 』
『野球を通じての人間形成のサポート』 『親子関係のサポート 』『個人の個性を発揮させる事へのサポート 』
であると私は考えます。

PBA熊本では上記の事はもちろん、本格的な環境を整えた上で選手たちの健全な肉体や精神を作り上げる事に力を注ぎ、野球を通じての青少年育成に取り組まれています。
この新たな試みには、多くのプロ野球OB・現役選手が応援しています。
少年たちのこれからはじまる野球人生と社会人としての成長過程を、陰ながらサポートしていけたらと思っています。

(鎮西高-中央大-広島)
79年ドラフト外で広島入り。入団テストとは知らず、広島のテストを受けて合格。
これが大学に知れて、リーグ戦メンバーから外れされた逸話も。
263試合出場、代走のスペシャリストとして活躍。
84年には15盗塁、86年には17盗塁し、優勝に貢献。89年引退。


アドバイザー紹介


私たちはPBAを応援します。


中畑 清氏(元・読売ジャイアンツ) 大野 豊氏(元・広島東洋カープ)
高木 豊氏(元・横浜ベイスターズ) 福島 久晃氏(元・広島東洋カープ)
石毛 宏典氏(元・西武ライオンズ) 達川 光男氏(元・広島東洋カープ)
カズ山本氏(元・福岡ソフトバンクホークス) 北別府 学氏(元・広島東洋カープ)
松永 浩美氏(元・福岡ソフトバンクホークス) 川口 和久氏(元・読売ジャイアンツ)
立浪 和義氏(元・中日ドラゴンズ) 河野 博文氏(元・読売ジャイアンツ)
PBA(Professional Baseball Academy)